料理、サービス、景色、全てに最上を求めるゲストへ

エントランスからバーを抜け、ダイニングへ足をすすめると、

そこには東京の大パノラマが広がるメインダイニングが。

従来のクラシックなアメリカンステーキハウスとは一線を画すモダンなインテリアのなかで召し上がっていただくのは、

日本の四季を意識した繊細な料理と、極上のアメリカンステーキです。

自店に専用熟成庫をもつことで可能になったドライエイジングステーキや、シーフードの熟成などもぜひご賞味ください。

「The Cut 42 」(シグニチャーメニュー)

最上級のTボーンステーキを、大切な方々とテーブルを囲んで食べ比べ。

「温度」「湿度」「気流」を厳しく管理しながら行うドライエイジングステーキ、

真空包装で一定温度に保たれた状態で熟成が進むウエットエイジングステーキ、

同じステーキでありながら異なる味わいを明確に感じていただけます。

どちらのステーキも炭火でじっくり丁寧に焼き上げることで、圧倒的な肉の旨みが迫ってきます。

こだわり

Prime42が誇る国内最大級の専用熟成庫では、

厳選されたネブラスカ州グレーターオマハ社のプライムビーフが徹底管理されています。

当店ではUSDA(米国農務省)の厳格な基準の下、最高級グレートと格付けされた「プライム」グレードのビーフを使用し、

なかでも全米で最も「プライム」グレードの出荷実績を誇るネブラスカ州グレーターオマハ社に限定しております。

グレーターオマハ社はアメリカンビーフ業界のトップを走るブランドであり、一口食べれば違いを実感していただける極上のステーキです。

ドライエイジングとは酵素の働きで肉質が柔らかくなり、うまみ成分のひとつアミノ酸が増加します。

また表面を乾燥させて熟成させるので、余分な水分が飛び旨味と香りが凝縮された肉となりますが管理が難しいことでも知られています。

当店では専用熟成庫を毎日チェックして最高の状態でお客様へご提供いたします。

息をのむ眺望

東京を代表する2タワー、

東京タワーとスカイツリーが見渡せる42階の眺望は晴れた日には富士山も望める絶好のロケーション。

大きく開放感溢れる窓外の景色が、食事シーンに鮮やかな彩りを添えます。

ネブラスカ州について

肥沃な大地で収穫された大豆やトウモロコシで育まれたグレーターオマハのアメリカンビーフ。

何代も続く畜産農家が、環境の良さだけでなく丁寧に一頭一頭を飼育することで品質が保たれています。

Prime42は「アメリカの食糧庫」と言われるネブラスカ州政府とタイアップし、アメリカンビーフ、

ウイスキーなどのネブラスカ州の極上素材をお届けいたします。

Copyright ©M・R・S, Co.,Ltd. All Rights Reserved.